【億越えも夢じゃない】世界一過酷な職業、カニ漁師の給料は?

土木建築・体力系職業
<strong>モチ</strong>
モチ

こんにちはモチです!
今回は『世界一過酷な職業』、カニ漁師について解説します!

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

噂では聞いたことある職業ですが、 給料も謎なのでこの機会に学ばせて頂きます!

カニ漁師といえば、高収入ということを聞いたことがある方は多いと思います。しかし、実際どれくらいの報酬で、過酷な職業であるか皆さんは知っていますか?

多くのネット情報を見ると、カニ漁の大まかな収入を知ることはできるかもしれませんが、実際のリアルな収入やその仕事の現実はなかなかわからないかと思います。

当記事は筆者が過去にニュージーランドで出会った元カニ漁師の話をもとに、『カニ漁師の給与事情』と『カニ漁師の現実』について熱く解説をしてまいりますので、人生ワンチャンつかみたい方は1つ1つの情報をお見逃しなく最後までお付き合いください。

当記事は、元カニ漁師の話を以下内容の順番で解説していきます。

<strong>モチ</strong>
モチ

興味があるパートにクリックすると、飛ばし読みができます

カニ漁師について

カニ漁師の仕事内容を話す前に、まずはカニ漁師が全体でどれくらい稼いでいるのか日本全体の平均給与の統計を取ってみました。

カニ漁師の給与情報
<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

すごい収入ですね。
これなら確かに人生ワンチャンつかめますね。

<strong>モチ</strong>
モチ

収入はとてつもないですが、仕事内容もかなりエグイですよ…

仕事内容

私が出会ったカニ漁師さんは、ぱっと見一般の方で、あえて言うなら少し体がっちりしていた感じです。そんな彼はかつてベーリング海のカニ漁を挑戦したらしく、2ヶ月で約800万円ほど稼いだそうです。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

僕でも稼げる可能性がありそうですね。

<strong>モチ</strong>
モチ

それはわかりませんが、まずどんなことをするのか仕事内容から確認してみましょう。

カニ漁師の仕事はとてもシンプルで、カニ漁船に乗ってカニを取りに行くことです。仕事の期間も年に2~3ヶ月の期間だけで、それ以外は休みとなるようです。

上記内容を読むと、『カニ漁私でもいけるかも?』なんて思ったそこのあなた!! 

漁の2~3ヵ月の期間意識を失うほどの過酷な修羅場となっています。そこで知り合いのカニ漁男(以降カニ男と呼びます)と筆者の過去のやり取りを再現しながら仕事内容を紹介していきます。

<strong>モチ</strong>
モチ

カニ男君、かつてベーリング海峡でカニ漁したみたいだけど、どんな仕事してたの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

やったことはめっちゃシンプルで、たった3つだよ。

  • 底引き網漁
  • 船の整備
  • 道具の点検

上記3つすべてぱっと見シンプルですが、どれくらい重要な仕事かを一緒に確認していきましょう。

底引き網漁

基本カニ漁は、漁船で袋状の網を海底に接して引き、網に追い込んで魚を捕る『底引き網漁』や『籠網漁』を行います。

<strong>モチ</strong>
モチ

イメージは以下のような漁です。

引用:農林水産省
<strong>カニ男</strong>
カニ男

すごくシンプルだけど、これがめちゃくちゃしんどいんだよ。

一見簡単そうに見えますが、カニ男君いわく、カニを網で捕えてから船に上げるまで、1時間~1時間半ほどずっと網を巻き上げるようです。

ベーリング海のカニは大きく身が詰まっているので、重さは1キロ以上なんてあたりまえです。それが大量だったらもはや数トンの世界になります。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

気合い入れて巻き上げないと、腕ちぎれそうになるよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

これを毎日2~3ヵ月したら体壊すのでは…

船の整備

当たり前ではありますが、船の整備は非常に重要な仕事です。もしも整備を怠るとどうなるか、、、沈没です

<strong>カニ男</strong>
カニ男

船が沈んだら、1発で命を失うからしっかりやってたよ。

カニ漁は2~3ヵ月と短期間ではありますが、ベーリング海峡の天候は恐ろしいです。後ほど紹介しますが、時化がひどいときは船が転覆することもよくあるようです。

整備については、船の機体によって大きく異なるため詳細は割愛させて頂きます。

<strong>モチ</strong>
モチ

大事な足場がしっかりしていなければ、漁は成功しないということだね。

道具の点検

船の整備同様、道具の点検も非常に大切な仕事です。カニ漁は長丁場の漁であり、道具の点検を怠ると仕掛けの故障が起こって、ボウズ(何も取れない)で終わることがあります。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

何時間も巻き上げたり、仕掛けをセットしてボウズの時は、心が折れかけたよ~

<strong>モチ</strong>
モチ

例えば、どんな手入れが必要なの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

色々あるけど、下記点検は必須だね。

  1. GPS
  2. 魚群探知機
  3. 無線機
  4. 気象関連機器
  5. 網や籠
  6. など

ボウズにならないためには、カニの正確な位置気象情報を知ることが必須となります。また、GPSや無線は自分たちの現在地を知り、命をつなぐライフラインとなるので点検は必須です。

そして、実際の漁でも常に好条件でできるとは限りません。最悪の状況を考慮して、網や籠などの入念な点検をして確実に漁ができる準備をするようです。

経験値と給与の関連性

カニ男君の有力な情報はまだまだ続きますが、ここでブレークタイムです。

ベーリング海のカニ漁以外に、日本ではどれくらいカニ漁が稼げるかも把握しておきましょう。ベーリング海峡では一発で億単位を稼げるチャンスがあるらしいですが、日本のカニ漁においては、漁師歴と収入が関連しているようです。

<strong>モチ</strong>
モチ

ネットの口コミ情報などを調べていると、以下のような統計が算出できました。

  1. カニ漁師歴10年以下:700万円程度
  2. 実力が付いた漁師(30代):1100万円程度
  3. 後継者レベル(責任者):1500万円程度

上記はあくまで平均データですが、カニ漁師歴で年収も少し異なようです。

歴が長い=カニの捕獲量が多いという方程式が当てはまるようですが、才能やセンスがあれば最初から高収入の方もいるというように語られていました。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

上記のような収入もらえれば、会社辞めたくなりますね。

<strong>モチ</strong>
モチ

あまり甘く見ない方がいいですよ。

仮に日本でカニ漁をしていたとしても、仕事は命がけです。

時化が来れば船が沈みそうになるし、突風が来れば海から吹き付けた水しぶきで船が凍りついてしまうような天気もあります。

<strong>モチ</strong>
モチ

ひどい時は、流氷の流れで帰港できないことが日常茶飯事であるようです。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

命の対価が高額の給料というわけなのですね…

カニ漁最高峰は?

カニ漁の危険はどんなところでもあるというのがおわかり頂けたと思いますが、どうせ危険伴うなら最高峰を目指したいという方もいるのではないでしょうか?

当パートでは、カニ男君の過去の情報をもとに、カニ漁最高峰の2つのすごさを肌で感じて頂ければ幸いです。

  • 最高峰の給料
  • 最高峰の過酷さ

最高峰の給料

まずは、最高峰の給料から確認していきましょう。カニ男君との雑談で、私は衝撃を受けたことを覚えています。

<strong>モチ</strong>
モチ

カニ漁ってどこが最高峰なの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

最高峰は俺が行ったベーリング海峡らしいよ。やっぱりやるなら最高を目指したかったからね。

<strong>モチ</strong>
モチ

ちなみに、カニ男君はどれくらい稼いだの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

その時は初めてだったけど、2ヶ月くらいで800万円くらいだったかな。

<strong>モチ</strong>
モチ

えっ!?

普通にすごくない? たった2ヶ月でそんな稼げるなんて。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

全然すごくないよ。
先輩とかは1日1,500万円稼いだことあると言っていたよ。

私は上記事実を聞いたとき衝撃を受けてしびれました。信じられない事実が自分の知らないとこで起こっていることを…

たった1日で1,500万円稼ぐなんて恐ろしい世界です。もしもこれが2週間ほど続けば一生暮らしていけます!!

<strong>モチ</strong>
モチ

ちなみにカニ男君の知ってる限り、最高で1シーズンで1億円ほど稼いだ人もいるようです。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

本当に一攫千金のお宝みたいですね。

そんなお宝が眠るベーリング海峡とはどんな場所なのか、次のパートで確認していきましょう。

最高峰の過酷さ

まずは、最高峰のカニ漁がおこなわれている『ベーリング海峡』の位置から確認しておきましょう。

ベーリング海峡

ベーリング海峡は、アラスカのスワード半島と、東リベアのチュクチ半島との間にある海峡。ユーラシア大陸とアメリカ大陸を分かつ海峡でもある。 ※Wikipedia引用

ちなみに、ベーリング海峡のカニ漁解禁シーズンは冬となります。どれくらいの気温かというとマイナス20度前後はあると考えて下さい。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

実際漁にでると、マイナス20度どころじゃないんだよこれが…

<strong>モチ</strong>
モチ

えっ!?

どれくらいに感じるの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

体感では倍くらいのマイナス30度~40度くらいに感じたよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

よく生きて帰ってこれたね。

冬のベーリング海峡の環境は、最高峰の過酷さといってもよいでしょう。最高峰の過酷さといわれている理由は大きく4つあります。

  1. 気温は氷点下を上回る事はない
  2. 風が凄まじく、船が転覆しそうになる
  3. 氷点下の気温+風速40mの風で体感温度氷点下-30°以上
  4. 高波がすごい時は高さ15~18m(ビル7階相当)に及ぶ

上記の厳しい状況下でカニ漁を行います。最悪なのは、船長の経験不足でカンが外れた場合、漁は失敗に終わるということです。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

行ってみたはいいけど、ほとんどカニが取れないなんてこともあったよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

そんなつらいおもいをして収穫なしは、心が折れそうになるね。

カニ男君いわく、苦しい思いをして収穫がなしはどうやらNGのようで、取れるまで帰ることが許されない厳しい世界となっているようです。

これはカニ漁で有名な話ですが、48時間ぶっとおしの作業があるとのことです。これで不漁だったらもう絶望でしかありません。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

俺はなかったけど、そんなこともあるとは聞いたよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

お金より命の尊さを僕は学んだよ。

カニ漁師になるには?

カニ漁のとてつもない報酬と過酷さを知ったうえで、それでもカニ漁をやってみたい方は、当パートを飛ばし読みしないでくださいね。

人生のワンチャンスをつかむ、人生の分岐点となる情報を得られる可能性があります。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

カニ漁師に興味があるのですが、求人がネットから見つからないのですが、どこから探せばよいのでしょうか?

<strong>モチ</strong>
モチ

特別なルートをたどらないと仕事は得られませんよ。

求人を見つけるには?

漁師などのお仕事は、ネット検索でチラホラ見受けられますが、カニ漁だけは簡単に探すことはできません。筆者も血眼に調べてみましたが、全くありませんでした。

<strong>モチ</strong>
モチ

自分の足で情報集めが1番の近道のようです。

色々調査した結果、カニ漁の求人を探すのであれば、全国漁業就業者確保育成センターで情報を集めるのがおすすめのようです。

全国漁業就業者確保育成センターでは様々な漁師の求人募集情報や、Twitterなどでも漁師さんが発信しているため、こまめに情報をチェックすることをおすすめします。

また、毎年の夏に行われる漁業就業支援フェアでは、新人の漁師を募集している漁業団体や漁業協同組合が集まり、直接求人の話を聞くことができます

<strong>モチ</strong>
モチ

但し、カニ漁師を募集するイベントではないことにご注意下さい。

漁業就業フェアのように、様々な漁のイベントに参加することで漁業の情報を集めて人脈作りをしていくことが一攫千金をつかむ近道になると筆者は考えています。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

急がばまわれというやつですね。

ベーリング海峡の求人は?

日本のカニ漁求人も魅力的ですが、やはり気になるのは最高峰の求人ではないでしょうか?

過去カニ男君が言っていましたが、日本では残念ながらベーリング海峡のカニ漁の求人はないと語っていました。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

日本漁船では漁業権の関係でベーリング海峡にはいけないんだ。

<strong>モチ</strong>
モチ

つまり、日本では億越えドリームはつかめないのだね。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

そうだね。
でも、俺みたいな一般人でも働けたから誰にでもチャンスはあるよ!

記事冒頭でも説明しましたが、カニ男君はぱっと見普通の一般男性でした。体がごついとか英語ペラペラとかでもなく、本当に普通の人でした。

そんな彼でもベーリング海で大金を稼ぐことができたのは、『異常な行動力』があったからだと筆者は考えております。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

モチ君も興味があるなら、どうやってなるか教えようか?

<strong>モチ</strong>
モチ

えっ!?
い、一応聞いておこうかな…

こうして私はカニ男君の勢いに負けて『カニ漁師になるまでの道のり』を聞いてしまいました。

働くまでの3ステップ

最高峰のカニ漁をしたいのなら、アメリカへ渡るのが必須です。単身アメリカへ渡り、現地で職探しをしてはじめてカニドリームをつかむことができます!

働くまでの道のりはとてもシンプルで、以下3つを順番に行うのみです。

STEP
アメリカへ向かう
お手頃なチケットを買う(ESTA登録も忘れずに)
STEP
求人探し
90日以内に仕事を探す
STEP
就労ビザ取得
仕事に備え英語を学んでおく
アメリカへ向かう

夢をつかむはじめの1歩は、渡米からはじまります。カニ男君いわく、アメリカへ行くまでがすごい勇気がいると語っていました。

アメリカへ行ってしまったらもうやるしかないと考え、とにかく行動しまくったようです。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

アメリカまでの高い費用を無駄にできないと考え、ひたすら行動したよ。

カニ男君はカニ漁するまでお金が全然なかったようで、カニ漁にすべてをかけて挑んだと語っています。

<strong>モチ</strong>
モチ

背水の陣で挑めば人間なんでもできそうだね。

航空券はできるだけ安いものを探して渡米したようですが、もしこれからアメリカへ渡ろうと考えている方は、当ブログの【見なければ大損】海外航空券を格安で手配するための3つの裏知識を参考にしてみて下さい。少しでも航空券の知識がつくはずです。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

あと、ESTA登録忘れないでね。

初めてアメリカの地を踏む方は、必ず事前に電子渡航認証(ESTA)の申請を行って下さい。ESTA登録を忘れると、搭乗が拒否される可能性があるので注意して下さい。

求人を探す

アメリカに到着したら、最大渡航期間90日以内にカニ漁求人を見つけて下さい。

筆者も現地のネット情報で色々調査しましたが、ベーリング海のカニ漁求人についての情報は探せませんでした。カニ男君はどうしたのか聞いてみました。

<strong>モチ</strong>
モチ

全然ネットで求人見つからないけど、どうやって探したの?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

まずは現地ヘルプデスクへ向かって、有力な情報を得た後に直接漁師のとこまで足を運んだよ。

筆者も海外で暮らしていた経験があるので知っていますが、ある程度発展している国であれば『現地サポートデスク』というものが存在しています。

現地サポートデスクでは、仕事、家、ルームメイト、語学学校、イベントなどの紹介を無料でしてくれるところがあります。

カニ男君もサポートデスクに駆けつけて情報を得たと語っていました。ただし、漁師に直接コンタクト取る行動力は素晴らしいものがあります。

<strong>カニ男</strong>
カニ男

漁をしなければ生活ができない状況だったから、つたない英語で最大の情熱を伝えたよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

情熱さえあれば英語は通じるのか。

カニ男君はニュージーランドの語学交換先で出会いましたが、そこまで英語は流暢ではありませんでした。アメリカへ渡った時はさらにつたない英語だったと予想できるので、語学堪能でなくてもできる仕事だと想像はできます。

就労ビザ取得

カニ漁師の職場にあなたの熱意が認められれば、就労許可を得ることができ、就労ビザを取得することができます。

現地就労ビザについては詳しく聞きませんでしたが、大事なのは90日以内の滞在中に許可がおりるようにできるだけ早く申請をしてもらうことです

<strong>カニ男</strong>
カニ男

滞在中に許可が下りなかったら、最悪カナダとか近い国に行けば再度入国できるよ。

<strong>モチ</strong>
モチ

なるほど~
わざわざ日本に帰らなくてもいいし、旅費も安く済むね。

就労ビザ申請中に観光ビザの有効期限が切れそうになったら、隣国に移動して再入国しましょう。そうすれば再入国で90日の猶予ができます。

<strong>モチ</strong>
モチ

ただし、いままでの過程で非常に重要なことがあります。

ここまでベーリング海のカニ漁師になる流れを説明しましたが、カニ漁師として働くには、ある程度の英語力が必須となります。

なぜなら、命を懸ける仕事でコミュニケーションが取れなければ死を意味するからです。カニ漁師も全く英語が話せない人雇いたくはないでしょう。

短期間で圧倒的な英語力を身に着けたい方は、予約不要で24時間365日好きな時に英会話学習ができる、業界初!予約無しでレッスン回数無制限のオンライン英会話【ネイティブキャンプ】があります。

定額でレッスン回数無制限なので、何度も講師と話すことができるのが特徴です。今なら7日間の無料体験キャンペーン実施中なので試す価値アリです!

カニ漁師に向いている人

ここまでの内容でカニ漁師の魅力がおわかり頂けたと思いますが、職業適正も知らずに挑むと、2度と故郷に帰ることができなくなってしまいます。

カニ男君のアドバイスやネットの情報をもとに『どんな人がカニ漁師に向いているか』をまとめてみましたので、カニ漁を行おうとする方は参考にしてみて下さい。

<strong>モチ</strong>
モチ

どんな人がカニ漁師としてやっていけるかな?

<strong>カニ男</strong>
カニ男

情熱と覚悟があればいけるけど、俺の経験から以下能力があった方がいいかな。

チェックリスト

握力

カニ漁師は、仕掛けのロープを何時間も引き続けます。握力というのは、重い蟹を何時間も引いていられる握力の強さ持久力の2つを兼ね備えた力です。

握力がなければ、獲れる蟹の漁は少なく、あなたの収入も少ないくなるという結果になります。

器用さ

カニ漁は、仕掛けの準備が非常に重要となります。仕掛けが上手くできなければ、蟹が引っかかる可能性が下がり、獲れる量にも大きく関係してきます。

手先が器用な人は、漁船でも活躍でき、高収入ゲットも期待できるでしょう。

体力

カニ漁は、ただ体力に自信があるだけでは務まらない業務です。他の人と比べて、ずば抜けて体力がある人でなければ、過酷な漁に耐えることは不可能でしょう。

最長で48時間ぶっ続けで働けるような体と精神力を保てるができる職業でしょう。

適応能力

カニ漁は長い間船で過ごすことになります。船のシャワーは塩水で、体はベタベタ紙もパサパサになります。また、漁船はそんな大きくないので、波の揺れや突風にさらされた過酷な状況でも寝れる人が生き残れます。

睡眠は体力仕事には必須となるので、どんな状況でも対応可能な、柔軟性が高い人が向いています。

回避力

カニ漁師に重要な能力は、危機回避力です。カニ漁でよくあるのは、時化による船の転倒です。海に落ちると波に流されたり、サメに命を狙われることもあるようです。

そんな状況に陥った時でも、冷静に危機を回避できる強いアンテナをはれる人が一攫千金を掴むことができるでしょう。

<strong>モチ</strong>
モチ

上記を見る限り、僕にはどれも適応していないかも…

<strong>カニ男</strong>
カニ男

仕事をしてたら慣れてくるよ。あとはやるかやらないかの覚悟だけだよ!

カニ漁の様子

カニ男君が言っていた覚悟とはどんなものなのか皆さんはわかりますか?

私にはその覚悟のイメージがつかなかったので、実際のカニ漁を映像で確認してみました。カニ漁のイメージがわかない方は、以下ドキュメンタリー映像をお送りいたしますので、カニ漁をする覚悟をここで見極めて下さい。

いかがだったでしょうか?

私にとって想像以上の天候とハードワークだったので、カニ漁は遠慮しておきました。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

1つ行動を誤れば本当に命が絶たれますね...

<strong>モチ</strong>
モチ

ここまでして大金を得たいと私は考えないですね。

カニ漁は大金を得られる反面、命のリスクも大きいのが特徴です。

死ななかったとしても、大けがをする人もいるとカニ男君は語っていました。結局は短期間で大金を得るということはそれなりのリスクがあるということを理解して頂ければ幸いです。

まとめ

今回のテーマ、『カニ漁師』についてはいかがだったでしょうか?

元カニ漁師のカニ男君の生の声で、カニ漁に興味を持った方が増えれば筆者は大変うれしく思います。

<strong>会社員モチ</strong>
会社員モチ

記事をまとめるとどのようなことが大切なのでしょうか?

<strong>モチ</strong>
モチ

大事なのはたった1つ、『覚悟』ですね。

カニ男君も語っていましたが、漁のテクニックや能力もある程度は必要ですが、それ以上にカニ漁をする『覚悟』を決めることが非常に大切です。

覚悟さえ決まれば、アメリカに渡ろうが、職探しだろうがなんでもできることを私は感じ取ることができました。

カニ漁以外にも共通することですが、何かをしようとするには覚悟がとても大切です。ゆるぎない心さえあれば人間は何でもできると筆者は信じておりますので、大きなものに挑戦するときはまずは覚悟を決めてから挑んで下さい。

ここまでお読み頂き、誠にありがとうございました!

コメント